オークションにはまった

本は絶対オークションで売った方がいい

古本を古書店に買い取ってもらったのですが、ダンボール箱一杯あったのに1000円ちょっとでした。
こんなものかなとも思ったのですが、オークションに出すともっと高い値段がつくと聞きました。

 

 

サイトを見てみると確かに安いものは安いのですが、意外と高値がついている本も沢山ありました。

 

まだまだ読まない本が沢山あったので、試しに2、3冊出品してみることにしました。値段をいくらにしたら良いかわからなかったのですが、送料のこともあるし200円くらいにしておこうかなと思って出品しました。結果は全部売ることができました。1冊は1000円以上の値段がつきました。古書店に出したダンボール一箱以上の値段です。これはちょっと手間がかかっても1冊1冊手売りした方がいいかなと思って、以来ちょこちょこオークションを利用しています。

 

 

本だけではなく雑誌も高値がつくことがありますね。急に人気が出たタレントが掲載されている雑誌とか、定価の何倍かの値段で売れることがあるので、雑誌を読むときはきれいな状態を保てるようにして読んでいます。本来なら捨ててしまうようなものに値段がつくのがオークションの面白いところですね。

 

 

中洲のキャバクラの求人情報→http://ig-co.jp/cave/求人情報

オークション利用のメリットとサイトの選定について

物を売る時にオークションが一般的となっています。
昔は中古業者に売ってというのが基本でしたが、1万円で売ったものを後日見にいったら5万円、6万円で売っていたという経験は誰にでもあると思います。

 

しかしオークションでは使う人と売る人が直接取引をするので、差額は解消されていきます。
オークションは利用登録をして、月々の利用料を支払うとする事ができます。
出品に応じて出品料が掛かったり、落札がされると落札に対して数%を支払うなどオークションによって違いがあるので、見比べて利用すると良いでしょう。

 

オークションで売る時には、競り合いというのが重要となるので、利用料金を気にするばかりに人の少ない所で行ってしまうと落札者がいなかったり、競り合いがなく低い価格で落札をされてしまいます。
見極める方法としては、同じような商品が多く出品されているかを調べる必要があります。
そして大きいオークションサイトになると、過去にどのような商品がいくらで落札されたかというのを見る事の出来るサイトがあるので、検索をしてみると良いでしょう。

 

このようにしてオークションで出品する事で、中古業者より高く売る事ができます。

 

オークションでの困った出来事♪

先日、商品が落札されたのですが、落札者様から連絡がなかったので
お取引中止の連絡をしました!!その後、なぜか、その方からしばらくたち
振り込みがありました!!住所も名前も聞いておらず、取引ナビはすでにつかえず・・・
いまだに、連絡なく商品が送れないという・・・
代金は振り込まれましたが、住所がわからず商品の発送ができず・・・
一体、どうしたらいいのという感じなんです♪

 

はがきで連絡ください!と、コメントしましたが、来ないし、こんなケースも初めてかも・・・
一番困ったのは、数年前、落札され、連絡来て、ついでがあったので他の方の商品と一緒に先に
送ってしまい・・・ありがとうございましたと評価が来ましたが、振り込まれていない・・・
何度催促しても、完全に無視なすごい神経の大阪のおばちゃん♪
すごい人もいるもんだなぁという感じでした!!

 

たいした商品ではありませんでしたが、ヤフーにも保証してもらえずとても嫌な思いをしました!!
オークションは、いろいろな人がいて、どんなことが起こるかわからないので慎重にならなきゃという感じです♪