買手の競争原理が働く「オークション」

買手の競争原理が働く「オークション」

 

買手の競争原理が働く「オークション」

 

 

 

一般的なオークションというのは、当初から値段をつけないで売手と買手の意思や都合で値段を変動させる形式の商取引のことで、一つの販売の形態として世間では広範囲に普及しています。

 

つまり、売り手側が物のに値段を一方的付けるのでは無く(最低価格を決めておく場合が多い)買い手側に欲求する競争原理を働かして、値段を決めてもらい売却、購入(落札)する方法で、これ等の取引手段を通常、「オークション」と呼んでいます。

 

以上のような商品取引は、市場で一般的に行なわれている商いを「セリ・競」とも呼んでいるが、特殊な商品を扱う場合には特にオークションと意義立てて呼ぶ場合が多いようです。

 

 

 

ところが昨今では、世間一般に「オークション」と呼ばれる場合は、電子取引、即ち、“ネットオークション”と呼ばれる場合が普通で、運営会社が仲立ちして売り手の物を買い手側に競争させて品物を落札させる方式が、盛んに行なわれるようになりました。

 

私事で利用しているものに、Yahooや楽天のオークションがあり、業界で最も盛んに行なわれている業者といてれております。
出品、入札、落札、支払、商品受け取り、という順序立てた形式が整っており、実は私も常態化して利用しております。

 

 

ただ、この手の取引は通販などと同様に、目に見えない商取引になるので特に信用や本人確認などを充分に行なう必要もあります。
(詐欺事件や不正出品に注意する必要あり)